エキスで改善

便秘は母子にとって辛い症状です。

赤ちゃんの便秘は「乳幼児が通る一過性のもの」ととらえられていました。この症状は赤ちゃんがもちろんのこと、苦しんでいるのを見ている母親としても辛いものです。治療として、砂糖水を飲ませたりお腹を揉むことによって対処してきた事がほとんどです。内臓を動かす力が未熟な赤ちゃんにとって、マッサージを受けると腸が刺激され、便秘が治ったように見えますが、都度マッサージをしなければ便が出ない状態になってしまいます。また医薬品としての「酸化マグネシウム」を処方することがありますが、母乳育児中の場合は、飲ませるのが難しい場合もあります。このところでは麦芽糖を使ってお腹の中で発酵を起こし自然に排便を促す医薬品も存在しています。

症状改善に向けての現在のトレンドとは

赤ちゃんの便秘の改善に向けて、最近は「マルツエキス」などを飲ませて自然に排便を促す方法が一般的です。またベビーエクササイズなど簡単な運動を行って腸を刺激する方法なども紹介されています。離乳食が始まっている場合は、離乳食を一段階前の状態に戻すこともセオリーとされています。ホームケアで便秘改善を促すこともできますが、身体の異常が起こっている場合も考えられますので、様子見をすることなく、心配な場合は医師の診断を仰ぐことが推奨されています。赤ちゃんの便秘に関する治療は、セオリーが確立しているため、今後新しい治療法が確立することはありません。ただし、さまざまな病気が見つかる可能性がありますので、便秘が続く場合は早めに医師に見せましょう。